20年の間に進んだ不妊治療

20年前、不妊女性の治療法はほとんどなかった。幸いにも、技術と知識の急速な発展により、ほとんどの女性は自分の夢の子供を持つことができます。
残念なことに、効果的な男性の不妊治療はありませんが、ICSIを伴うIVFのような手技により、数千人の子妊娠可能男性に子供を扶養させることができました。女性の治療が始まる前に、完全な妊娠検査を実施する必要があります。検査で不妊症の原因を指摘し、適切な治療法を提案する。

一般的なメディアとは異なり、IVFは最も一般的な不妊治療ではありません。クロミッドは50mgとして与えられる。排卵が規制されていない場合は、用量を増やすことができる。 Clomidは3〜6サイクルのみ使用し、最初の3サイクルで動作する可能性が最も高いです。使用できる他の薬剤には、プロゲステロン、ブロモクリプチン、ルプロン、アンタゴンなどが含まれる。
FSHおよびIUI – 卵胞刺激ホルモン(FSH)は、子宮内授精(IUI)と組み合わせて使用​​されることが多い。 FSHは複数の卵胞の発達を引き起こし、卵胞が成熟するとhCGの注射が与えられ、授精が予定される。
FSHは訓練された不妊治療専門医のみが使用しなければならない。FSH刺激されたIUIサイクルの不適切なモニタリングは、高次多発出生をもたらす可能性がある。 IUIのWebページを参照してください。
IVF、IVF / ICSI – IUIの3-6サイクルが失敗した場合、IVFを推奨することがあります。これは、患者、彼女の病歴、および彼女の不妊症の原因に大きく依存しています。 ICSIを用いて、単一の精子が卵に直接注入される。卵は、受精し、切断し、正常な遺伝子構成を持たなければならない。 FSHレベルがわずかに高い場合、これは卵の品質が悪い可能性を示す指標です。非常に高いFSHレベルは卵巣不全を示し、ドナー卵は第一選択の治療である。

ドナーサイクルは若い肥沃なボランティアの卵を使用します。これらのサイクルの成功率は、ドナーの年齢層の率に等しい。例えば、22歳の卵が35歳の女性に使用された場合、成功率は22歳の群と同等であり、高い。ドナーの卵プログラムのWebページを確認してください。
着床前遺伝診断(PGD) – PGDを用いて同定できる多くの遺伝病および染色体障害がある。 PGD​​は、IVFサイクルと併せて実施される。
胚の小さな生検を行い、遺伝物質を分析する。彼はほとんどの外科手術を腹腔鏡手術として外来手術として実施している。腹腔鏡手術に伴う痛みはずっと少なく、治癒が早く、患者は従来の手術よりもずっと早く通常の活動に戻る。
Bachus博士は繊細な卵管手術に特に熟練しています。彼はしばしば、避妊のために切られたチューブの再接続に成功しています。いったんチューブが再接続されると、性交の回数に制限がないので、妊娠の可能性は高い。
子宮内膜症はまた、腹腔鏡を用いて除去される。

とてもむずかしい話ですが、

アンファーの妊活サプリでは専門の医師による監修がされています。

 

アンファー妊活サプリ